代理店型とダイレクト型の違い

自動車保険の契約には、従来からある代理店型と最近増えてきているダイレクト型(通販型)があります。
従来からある代理店型はその言葉とおり、自動車販売店や個人の代理店が保険会社と契約者の仲介役になって保険の契約を行います。
一方のダイレクト型(通販型)は、仲介役がいなくて、契約者が直接保険会社と契約するスタイルになります。

 

それぞれの保険契約にはメリット・デメリットがあります。
代理店型・ダイレクト型(通販型)のどちらがオススメか?と言われると、契約する方の状況によって変わると思います。
例えば、

とにかく安く済ませたいならダイレクト型
万が一の時でも自分で調べたりして対応できる方はダイレクト型

 

保険のことはよくわからない方は代理店型
何もわからないからプロの方にお任せしたい方は代理店型

など
多少なりとも自分でも色々行動したり勉強出来る方は、ダイレクト型の自動車保険で少しでも保険料を安く抑えるのもオススメしますね。