自動車保険が安い!!おすすめの保険会社を探すにはコチラ!!

車に乗ってる方はだいたい加入してる自動車保険(任意保険)ですが、結構高くて保険料が家計の負担になったりしますよね。

 

もしもに備えておく自動車保険ですが毎年掛け捨て。無事故で1年過ごして、翌年は等級が上がって割引で安くなるなんて思ってても、いろんな条件で逆に高くなることもしばしばありますね。

 

運転する人の条件や乗ってる車の種類によって保険料は変わってしまいます。さらに保険会社によっても保険料に違いが出てきますね。

 

できるだけ安い自動車保険で、もしもの対応なんかもいい保険会社と契約できれば万々歳じゃないですか?

 

実際に、いろんな悩みを解決できる某Q&Aサイトにはこんな質問がいっぱいあります。

  • 自動車保険で一番安いところを知りませんか?
  • 自動車保険で安いところといえばどこですか?
  • 安い自動車保険といえばどこですか?
  • 自動車保険で一番安いところはどこですか?
  • 自動車保険で一番安い所はどこですか?
  • 1番安い自動車保険会社を教えてください。
  • 保険料の安い自動車保険会社はどこでしょうか?
  • 安い自動車保険は?
  • 結局の所もっとも安い自動車保険はどこですか
  • 一番安い自動車保険ってどこですか?

 

みなさん、できるだけ安い自動車保険に加入したいんですよね。

 

そこで、私が調べた保険料も安くて満足度の高い保険会社を紹介します。

 

保険料の満足度

保険料満足度(2017年)

1位 SBI損害保険
2位 セゾン自動車火災保険(大人の自動車保険)
3位 チューリッヒ保険
4位 アクサ損害保険
5位 ソニー損害保険
6位 三井ダイレクト損害保険
7位 イーデザイン損害保険
8位 朝日火災海上保険
9位 そんぽ24損害保険
10位 AIU損害保険

総合的な満足度

総合的な満足度(2017年)

1位 セゾン自動車火災保険(大人の自動車保険)
2位 SBI損害保険
3位 ソニー損害保険
4位 チューリッヒ保険
5位 アクサ損害保険
6位 イーデザイン損害保険
7位 三井ダイレクト損害保険
8位 AIU損害保険
9位 朝日火災海上保険
10位 東京海上日動火災保険

顧客対応満足度

顧客対応満足度(2017年)

1位 ソニー損害保険
2位 AIU損害保険
3位 東京海上日動火災保険
4位 損保ジャパン日本興亜
5位 三井住友海上火災保険
6位 富士火災海上保険
7位 日新火災海上保険
8位 朝日火災海上保険
9位 セゾン自動車火災保険(大人の自動車保険)
10位 アクサ損害保険

 

この自動車保険の総合的な満足度・保険料満足度・顧客対応満足度から考えるとおすすめの自動車保険会社の候補に上がるのは、

 

セゾン自動車火災保険

SBI損害保険

アクサ損害保険

チューリッヒ保険

 

この辺りの保険会社が、保険料も安くて満足度もいい保険会社になると思います。調べていても満足度などに関してはほとんど大差はないので上位に書いてる保険会社では全然問題はなです。すべての人が満足してるわけではないですけど・・・

 

 

保険料が安くて満足度の高い保険会社の数社に一度見積もりを依頼して、その中から自分にあった保険会社を選ぶようにするのがベストです。

 

ただ、個別に自動車保険会社に見積依頼するのが面倒だという方は、以下のサービスを利用するのがオススメです。

 

まとめて自動車保険の見積が依頼できるので手間が省けます。このサイトに記載してる保険会社は全て見積もりの対象になってます。
当然見積もりは無料!!

安い自動車保険の会社を探すなら一括見積が楽チン!!

 

自動車保険,安い,おすすめ,車,代理店

保険スクエアbang!の特徴

自動車保険比較サイト利用者数310万人突破の実績
見積もりして安くなった保険金額平均25,000円
見積もり依頼できる保険会社は19社

見積もり依頼ができる保険会社は詳細をご覧ください

 
 

自動車保険,安い,おすすめ,車,代理店

インスウェブの特徴

利用者800万人突破!
見積もりして安くなった平均金額は30,000円超え
最短5分で見積もり可能
見積もり依頼できる保険会社は最大20社

見積もり依頼ができる保険会社は詳細をご覧ください

 
 

自動車保険,安い,おすすめ,車,代理店

楽天自動車保険の特徴

見積もり依頼できる保険会社は6社
見積もりして安くなった保険金額平均13,000円
最短3分で見積もり可能

見積もり依頼ができる保険会社は詳細をご覧ください

 

なぜ保険料が安くなるのか?

このサイトで紹介してる保険会社は、ほぼダイレクト型(通販型)とよばれる自動車保険になります。自動車保険には従来からある店舗型と最近増えてきている通販型の2種類あります。
じゃあ、

 

なぜ通販型の方が保険料が安くなるのか?

 

それは、保険代理店を通さないから。

 

店舗型では、保険会社との間に保険代理店が存在します。今までならその代理店を通して保険に加入してました。そのためそこで手数料が発生してたことになります。

 

通販型自動車保険になると契約者が直接保険会社と契約するために、手数料などがないので安くすることが出来るのです。

 

最近では、【リスク細分型自動車保険】というのが増えていて、契約者自身で自分の都合に合わせた補償を選択できるためさらに保険料が安くなる場合があります。

 

ただ、通販型のデメリットもあります。

 

通販型自動車保険のデメリットは・・・

それは、お任せが出来ないこと。

 

今までように代理店を通して契約してたら、その担当者があなたにあった保険内容を選んで提案してくれてたと思います。
しかし、通販型は間に誰もいませんから、どんな補償内容で契約するのかを自分で判断しないとだめになります。

 

なので、自動車保険について多少詳しくないと、万が一の時に補償されないってケースも起きるかもしれません。
自動車保険はよくわからないから任せておきたいって方には通販型は向かないかもしれませんね。

 

ただし、専門家までの知識は必要はないですし、今の御時世、インターネットで分からない言葉を調べれば教えてくれるサイトがたくさん存在しますから、自動車保険の特集や検索などで簡単な知識を身につけるだけでも十分対応できると思います。

 

もし、現在自動車保険に入っていて次の更新で保険の見直しを考える場合は、保険証券を見ながら通販型自動車保険の見積もりをすれば、今とほとんど変わらない条件で安い保険会社が見つかるかもしれませんよ。